読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

エゴグラム「N型」の原因と対策

こちらは僕のエゴグラムの結果です。

 

エゴグラムの横軸5項目は左から、
CP(Critical Parent or Controlling Parent;支配性)
NP(Nurturing Parent;寛容性)
A(Adult;論理性)
FC(Free Child;奔放性)
AC(Adapted Child;順応性)
と呼ばれます。

 

①FCが低くACが高い人は、自分を出せず、無意識に相手に合わせてしまうことから、ストレスが溜まりやすい。

②CPが低くNPが高い人は、相手を批判的に見ずに優しい気持ちが勝ってしまうためなかなかNoと言えず、ストレスが溜まりやすい。

 

①FC<AC

②CP<NP

という特徴を兼ね備えたタイプを「N型」と呼ぶのですが、「N型」の人は心の病になりやすいタイプと言われています。

 

僕のエゴグラムは、この「N型」に該当しているかと思います。

 

 

 なぜ「N型」になったのか?

①生まれつきの問題

生まれつきの脳の構造だとか神経伝達物質の産生量だとかトランスポーターやらレセプターやら、そういったもののバランスが「N型」の性格を形成している可能性はあるかと思います。この辺に関しては全然詳しくないので分かりませんが、例えば、「セロトニントランスポーター遺伝子」がSS型の人は不安やストレスを感じやすいという話は目にしたことがあります(自分がSS型かどうかは知らないですが)。

 

②発育段階での問題

・自分の感性が認められない
・子供らしく振る舞うことが許されない
・貶される、褒められない

といったことを子供時代に多く経験すると、「N型」になりやすいのではないかと思います。

 

 

「N型」の人が心の病にならないためには

自分らしくいられる場所で、自分らしくいる時間をなるべく多く確保する必要があるのでしょうね。

 

あとは、無意識のうちに自分で自分を抑圧してしまっているので、それを意識的に解きほぐしていくこと。と言っても、僕は自分が何に困っていて何を求めていて何をしたいのか正直よくわからない部分が多いです(だんだんわかってきた部分もあるのですが)。そこを理解していかないと「自分らしさ」に対する答えもなかなか出てこないかもしれません。

 

・勝負事をすると無意識に負ける行動を取ってしまう(自分が負ければ丸く収まるから?)。
・他人から強い口調で言われるとすぐに従ってしまう。
・自己主張が下手。
・相手の言うネガティブなことをすぐ真に受けて落ち込む。
全部僕のことです。こういう今まで反射的に取ってきた行動(だけどきっと良くない)を、少しずつ変えていくよう意識していく必要があるのかなと考えています。

 

僕の身の回りでは30代前半でメンタルを壊して仕事を辞めた人が何人かいます。それまで大丈夫だったのに30代になってメンタルを壊す要因としては、若い頃は体力があってなんとか乗り切れたことも、30歳を過ぎて体力が落ちてきて乗り切れなくなってくる、というのがあるのではないかと想像しています。

 

30代になったら、20代のとき以上に、運動、睡眠、食事等に気を遣うとともに、自分自身をよく理解し、上手にコントロールすることが重要になってくるということなのでしょうね。

 

 (参考文献)