読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

久しぶりにTVドラマを見ました。

人生

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を見てみたらめちゃくちゃ面白かったです。超おすすめです。TBSオンデマンドで最新話は無料で見られます。


これまでのエピソードも有料ですが見られます。

 

このエントリでは、ドラマの本筋とは関係ないことを書くのでネタバレはあんまり含みません。

 

 

平匡さんの住んでる家、僕が次に住みたい間取りじゃん!

「逃げ恥」の主人公、津崎平匡さんが住んでいる家、僕が2年前くらいから「次に住むならこんな間取りがいいな~」と思っていた間取りそのものだったのです。平匡さん宅の間取りを描いてpixivに投稿されている方がいらっしゃったので貼らせていただきます。

 


1LDK。リビングは10畳以上あって広い。キッチン広い。平匡さん宅は家賃15.5万円のようですが、僕の職場の近くのエリアではこのクラスが10~11万円くらいで借りられるので、決して手の届かない額ではない。もう少し給料が増えれば……。

 

でも、なんでこんな間取りに住んでみたいと僕は考えたのでしょう。僕は家で1人で過ごすのが好きなので、ちょっと広い家に住んで贅沢してみたい……って感じでしょうか。あと、キッチンが広ければもうちょっと料理する気持ちが湧くかな、とかもありますね。ハンドミキサーとオーブンがあればお菓子づくりもできますしね(仕事の関係上、スキルはある)。シュー皮焼いて、クリーム立てて、焼き立てシューにクリーム詰めて来客に振る舞ったりしてみたいですね。来客なぞ滅多に来ませんが。

 

 

自尊感情

第4話で、みくりさんは、「平匡さんは恋愛に関して自尊感情が低い」と分析します。


「成功体験を積むことで自尊感情は高まる」と言うけれど、そう簡単にはいかないものですよねぇ。苦手なことにチャレンジしても、成功体験を積む前に失敗体験が積み重なってますます自尊感情を損なう、という事態を経験すると、ますます苦手なことにチャレンジできなくなってしまいます。

 

僕も人間関係を避けがちな傾向があるのですが、そりゃあ本音を言えば「愛される人はいいなぁ、羨ましいなぁ」と思います。ただ、努力をしたところでそんなものは手に入らないんじゃないか。精神をぶっ壊すのが先なんじゃないかと思ってしまいます。実際に、努力をした結果、精神にダメージを負う経験をしました。そんなツラい思いをするくらいなら、人と距離を置いて平穏に生きたほうがいい。そう思ってしまいますよね。

 

 

平匡さんスペック高い

年齢:35歳

学歴:京都大学

業種:IT

年収:600~700万?(僕の勝手な予想)

ルックス:良好

 

平匡さんのような有名大学を出ているわけでもなく、仕事も平匡さんみたいにバリバリできるわけでもなく、年収も低く、ルックスもダメな僕はどうしたら……。ドゥルドゥルドゥル……(自尊感情が低下する音)。

 

 

全然感想でもなんでもない文章を書きましたが

「逃げ恥」は大変面白かったです。現在の最新話(第7話)まで一気見した直後のツイートのほうが感想っぽい内容です。

 

あと、「逃げ恥」には「少数派」な人たちがよく出てきます。彼ら彼女らは生きづらさを感じながらも、もがいて幸せを掴もうとしているんですよね。現実世界においても、少数派の人たちも幸せになれる世の中になったらいいなぁ、と切に思います。