読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

【日本百名山】赤城山へ行ってきました

前回の雲取山を梅雨入り前最後にするつもりだったのですが、他の人が登山しに行く話を聞いたら山に行きたくなり、週間予報を見たら6/4は天気が良さそうだったので、急遽計画を立てて登山してきました。

 

「日帰りで百名山を気軽に登りたい」という観点から今回は赤城山を選定。先日雲取山へ行ったときと同様、金曜のうちにレンタカーを借りて自宅近くのコインパーキングに駐車。今日は朝4:10に出発しました。

 

f:id:chio2216:20160604052806j:plain

朝5時半頃。大天使小倉唯様の出身地である群馬県みどり市を通過。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604062713j:plain

6:25。登山口近くにある「おのこ駐車場」に到着。みどり市側からの道路(県道16号)は幅員が狭いうえ急カーブが多いので運転しづらかったです。朝早かったので1台としかすれ違わなかったので良かったですが。
(帰りに通った県道4号のほうが運転しやすくておすすめ)

 

 

 

f:id:chio2216:20160604064814j:plain

6:48。駒ケ岳登山口から登山開始!

 

 

 

f:id:chio2216:20160604071544j:plain

7:13。岩場の急登を抜けて稜線上へ。コースタイム50分のところを25分で到着。初っ端から飛ばしすぎて若干酸欠で頭が痛かったです(笑)

 

 

 

f:id:chio2216:20160604072143j:plain

稜線上の道から見える景色の素晴らしいこと素晴らしいこと。この時期だとどうしても遠くのほうが霞んでしまうので、空気の澄んだ秋の朝にまた来てみたいなぁなどと思いつつ、1つ目の山頂、駒ケ岳へ。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604073004j:plain

7:30。駒ケ岳山頂。ザックを置いてしばし休憩しつつ写真撮影タイム。

 

f:id:chio2216:20160604073326j:plain

f:id:chio2216:20160604073437j:plain

眺望良し。大沼もいい味出してる。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604075620j:plain

赤城山の主峰、黒檜山へ向けて出発。なだらかな稜線上の道をしばらく歩いた後、グッと約200m高度を上げます。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604081720j:plain

8:17。黒檜山山頂。ここからちょっと奥の方へいくと展望台があるので、そっちで休憩することに。

 

f:id:chio2216:20160604085650j:plain

f:id:chio2216:20160604090005j:plain

f:id:chio2216:20160604083424j:plain

f:id:chio2216:20160604083710j:plain

f:id:chio2216:20160604084036j:plain

展望台で約50分、写真を撮ったり食事をしたりしつつのんびり過ごしました。フリーズドライのご飯は思った以上に美味しかったです。ただ、これだけだとカロリーが少ないので、高カロリーな食品も併せて持って行きましょう。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604092356j:plain

9:12下山開始。グイグイ下山します。
ちょうどいい時間帯になってきたのか、たくさんの方とすれ違いました。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604095312j:plain

9:52黒檜山登山口まで下山。コースタイム(1h10m)よりだいぶ早く降りてきました。ここからは道路を歩いて、おのこ駐車場まで戻りました。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604112208j:plain

f:id:chio2216:20160604113128j:plain

f:id:chio2216:20160604121702j:plain

帰りは前橋方面へ行き、たまたま温泉の近くにあったバッティングセンターでバッティングを楽しんだ後、温泉に浸かりリフレッシュ。そして、昼食のカツ丼。めちゃめちゃ美味かったです。

 

 

 

f:id:chio2216:20160604133848j:plain

早朝出発1人登山、すごく良いのですが、難点を挙げるとしたら「帰りの運転時における疲労」でしょうか。疲れたときは無理せず休憩。というわけで、途中で羽生PAに立ち寄って一休み。羽生PA(上り)ってこんな古風な感じの作りなんでしたっけ。驚きました。

 

今日もまた天候に恵まれ、素晴らしい山行となりました。今度こそ、次に山へ行くのは梅雨明け後でしょう。今度は日帰りでなく泊まりがけで行きたいものです。