読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

富士山に登ってきました。

3年前の春に友人からの誘いで山に登り始め、2012~2014年の3年間はその友人と様々な山を登りました。硫黄岳(八ヶ岳)、前穂高岳鳳凰三山、燕岳~大天井岳常念岳などなど。

 

しかし、今年の春からその友人はアメリカへ行ってしまいました。

 

ということは……

 

山仲間がいない!!

 

最大のピンチです。しかし、ぼっち行動には慣れている僕。カラオケ、ボウリング、焼肉、動物園、温泉などなど、だいたいなんでも1人で行けます。
……じゃあ山も1人で行けるじゃん。

 

というわけで、行ってきました富士山。

 

これまでにいろいろな山を経験してきた僕ですが、まだ富士山には登っていなかったのです。富士山はあまりにも有名な観光地なので、人がものすごく多いと聞きますし、正直気乗りしないっていうのはあったんですよね。
僕の中では、
「喧騒から逃れ、無心で頂上を目指し、最高の景色を楽しむ」
ことこそが最高の登山であるので、「登山道が渋滞するとかなんかイヤだなぁ」と思っていたわけです。

 

そこで、なるべく混雑に巻き込まれない方法で富士山に登ろうと僕は考えました。

①須走ルートを使用

②閉山直前の時期に行く

③月曜日の早朝から登って、午後下りてくる

 

①富士山には4つの登山道があるのですが、人気があるのは富士宮ルートと吉田ルートです。逆に言うと、須走ルートと御殿場ルートはそこまで人気がありません。御殿場ルートはスタート地点の標高が低くコース距離も長いので、4つの登山道の中で最難関。というわけで僕は須走ルートをチョイス。

 

②7月半ば~8月半ばが最も混むんですよね。たぶん。というわけで、8月最終週or9月第1週に行こうと考えました。

 

③「土曜山小屋泊、日曜山頂→下山」だと混むかなと考え、月曜日に有給休暇を取って、「日曜山小屋泊、月曜山頂→下山」というスケジュールにしました。

 

 

 

そんなわけで、8月30日(日)、
自宅近くでレンタカーを借り、僕は富士山を目指しました。

 

レンタカーで出掛けるのは本当に久しぶりでした。車の運転自体たぶん正月に実家に帰省したとき以来(母親の車を運転して買い物に行った)ですが、運転は楽しいですよね。たまにだから良いのであって、毎日運転してたらイヤになるのかもしれないですけど。

 

東名でまず休憩を入れるポイントといえば海老名SAですよね。
神奈川県を通過している間はほぼずっと雨が降っていました。視界が悪くなるくらいザーザー降りになる場面も。

 

このあとめちゃくちゃ温泉に入った。

 

須走口5合目も雨模様。「ああ、明日は登れるのだろうか……」と不安になりながら山小屋へIN。

 

この他に、ソフトクリーム(こけもも)と、おしること、おでんを食べました。あと、コンビニで買ってきたおにぎり2個と、家から持ってきた柿ピー。

 

 

12組布団が敷いてありましたが、宿泊者は僕含めて3人だけでした。

 

やってしまいましたなぁ
じぇるじぇるえ~んじぇる!

 

 

8月31日(月)

真っ暗ななか出発。ヘッドライトの明かりを頼りに山道を歩き始めました。

 

4:40頃からヘッドライトが不要なくらい明るくなりました。今回の登山の中で一番キツかったのはスタート~6合目の区間かも。若干頭が痛くて、「もしや、高山病……?」と不安になりながら歩いていました。

5合目~6合目 僕のコースタイム:54min 標準コースタイム:95min

 

ごめんなさい。これ嘘。この後普通に森林がありました(・ω<)テヘペロ

 

6合目~本6合目 僕のコースタイム:35min 標準コースタイム:50min

 

本6合目~7合目の中間地点に着いたのかな?」と思ったら、そこはもう7合目でした。いつの間にか頭痛も消えて調子が出てきたようです。

本6合目~7合目 僕のコースタイム:33min 標準コースタイム:80min

 

7合目にて撮影。良い眺めでしたよ。

 

僕がこれまでに到達した最高地点は前穂高岳の3190mでした。

7合目~本7合目 僕のコースタイム:30min 標準コースタイム:50min

 

 

本7合目~8合目 僕のコースタイム:15min 標準コースタイム:30min

 

8合目~本8合目 僕のコースタイム:13min 標準コースタイム:25min

 

このあたりから急激にガスってきました。

本8合目~9合目 僕のコースタイム:29min 標準コースタイム:50min

 

9合目~頂上 僕のコースタイム:20min 標準コースタイム:35min

5合目~頂上 僕のコースタイム:3h49m 標準コースタイム:6h55m

 

ファッ!? 「山と高原地図」に記載されているコースタイムより相当早く着いとるやんけ! これは、これまで3年間鍛えてくれた友人のおかげやろなぁ。

 

確かに他の登山者をゴボウ抜きにして登ってはいきましたけれどね。でも僕のことを追い抜いて行った人も1人いました。半ズボンのお兄さんだったのですが、ふくらはぎの筋肉がムキムキだったので、登山上級者か、もしくはマラソンや自転車などをやっている人なのかもしれません。

 

頂上に着くやいなやお鉢巡り開始。しかしとにかくガスがすごいし風もすごい。遮るものがない場所は台風並みの暴風でした。あとめっちゃ寒い。暴風のおかげで体感温度はさらに降下。とはいえ、ここまで来たら最高峰の剣ヶ峰を見ないわけにはいかない!!
(ちなみにこのときの気温は約3℃)

f:id:chio2216:20150831173045p:plain

 

寒さのあまり鼻水をダラダラ流しながらも3,776m地点に到着。

 

そしてすかさず、持ってきたねんどろいどみれぃちゃんを取り出して撮影。

 

手には軍手を装着してはいたものの、1時間近くも真冬並みの環境下にいたら手はガチガチになりますよね。ああ^~温かいラーメンが五臓六腑に沁みわたるんじゃぁ^~
温かいラーメンからの冷たいコーラも美味しかったです。

 

下山時間、なんと1時間23分(標準コースタイムは2時間40分)。
頂上から7合目までは固めの土の道で走りやすかったので、ドタドタと駆け下りてきちゃいました。7合目から砂払五合(5.5合目的な位置)までは「砂走り」という区間で、ここも走れるのかな? と思いきや、この「砂走り」区間は砂礫帯で、足を踏み込むとザクっと埋まるような道でとても歩きづらかったです。しかも靴の中に小石がどんどん入ってきてめちゃくちゃ痛いっていう。

 

 

下山後も車を運転して無事帰ってこれました。行きも帰りも道路が空いていて、ドライブも非常に楽しめたので良かったです。