読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

登山してきました(燕岳~大天井岳~常念岳)

登山

 9/13~15の3連休は、山小屋2泊の登山をしてきました。 

 

大まかな行程は以下の通りです。

<1日目> 

12:00 中房温泉登山口→16:00~16:20 燕山荘→16:50~17:00 燕岳→17:20 燕山荘

<2日目>

4:00 燕山荘→7:20~7:30 大天荘→7:40~7:50 大天井岳→8:00~8:10 大天荘→10:30~11:30 常念小屋→13:00~13:20 常念岳→14:30常念小屋

<3日目>

4:00 常念小屋→6:50 一ノ沢登山口

(※到着時間・滞在時間等は記録を取っていないのであんまり正確じゃないかも)

 

 

東京から安曇野まではレンタカーで行ったのですが、さすが3連休初日といわんばかりの渋滞に引っかかり、予想よりも1時間以上到着が遅くなりました。「12:00から登山開始とか山なめんじゃねーぞ」とか言われたらどうしようと思ったりもしましたが、僕らと同じタイミングで登山を開始する人は結構いました。というかかなり多くて、僕らよりちょっと先にツアー客(60~70代の人がほとんどっぽかった)がぞろぞろと登山を開始したため、序盤はノロノロ登山になりました。高速道路でも渋滞、山でも渋滞……。3連休だからね、仕方ないね。休憩ポイントでツアー客を追い抜かして以降はスイスイ登り、途中の合戦小屋では名物のスイカ(1/8カット800円)を食べ、日暮れ前に予定通り燕山荘に到着してからの燕岳ピストンを遂行することができました。

 

f:id:chio2216:20140917063612j:plain

燕山荘入り口付近から眺めた景色。テン場が色鮮やかで綺麗ですね。左奥には燕岳山頂が見えます。

 

f:id:chio2216:20140917063625j:plain

これも燕山荘から撮った写真。空は雲が多かったのですが、雲の隙間から槍ヶ岳が顔を出しました。この写真は、僕のデジカメのズームをMAX(36倍)にして撮影したものなのですが、槍ヶ岳の山頂に人が居るのがわかりますね。

 

翌朝。天気は素晴らしく快晴でした。

f:id:chio2216:20140917064406j:plain

燕山荘を出発してから1時間弱歩いた、見晴らしの良いポイントにて。この写真を撮影したのはちょうど5時頃で、日の出の25分ほど前になります。空が段々と白み始めていくさまは本当に綺麗です。この写真では、遠くのほうに富士山と南アルプスの山々が見えています。

 

f:id:chio2216:20140917064416j:plain

\ご来光!/

 

f:id:chio2216:20140917064424j:plain

太陽が上ってくると、山肌が赤く照らされてこれもまた綺麗です。

 

僕は今回、食料の1つとして、練乳チューブを持っていったのですが、 

 休憩のたびに練乳を吸っていたら、2日目の7時頃には空っぽになりました。

\ぱるにゃすがんばるにゃす!/

(ぱるにゃすは甘いものに目がなく、練乳をそのまま飲むことで知られている)

 

あと、レッドフラッシュも多量に持っていきました。

まろやか干し梅 230g

まろやか干し梅 230g

 

「ぷしゅ~」っとなってしまったときにこれを食べると元気が出ます。

 

さて、それはさておき、

常念小屋に着いた頃にはかなりガスってきてしまって、残念ながら常念岳山頂からの景色はまっしろわーるどでした。そして……

常念小屋「混雑のため1畳に2人でお願いします」

僕「ファッ!?」

宿泊者多数のため、ぎゅうぎゅう詰めで寝ることに。寝返りもうてないくらいの狭さでした。僕の寝床は壁際だったので、壁にキスするくらいの勢いで壁に張り付いて就寝しました(熟睡できたとは言ってない)。

 

最終日はスルッと下山して、温泉に浸かって、諏訪湖SAでカツカレーを食べて帰ってきました。山小屋2泊の登山は疲れましたが、その分充実感も一入でした。今年の登山はこれが最初で最後になるかと思いますが、来年またどこかの山に行きたいと思います。