読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

「澁谷梓希生誕祭」、略して「ずっ誕祭」に参加してきました

i☆Ris

僕がi☆Risに興味を持ち始めてからもうすぐ3か月になろうとしています。

 

とあるきっかけから「A&G ARTIST ZONE i☆Risの2h」を毎週視聴するようになり、その後、メンバー全員のブログやTwitterもしっかりチェックするようになり、今では僕のTwitterの「お気に入り」はi☆Ris(特にずっちゃん)の画像付きツイートが結構な割合を占めるようになっています。

 

さて、前述のように僕はずっちゃんこと澁谷梓希ちゃん推しです。もちろんi☆Risのメンバーは全員好きなのですが、ずっちゃんの独特な雰囲気に僕はいつのまにか惹かれていました。

 

そんな折、ずっちゃんが8/11に21歳の誕生日を迎え、8/23には「澁谷梓希生誕祭」がAKIBAカルチャーズ劇場にて開催されることとなりました。僕がいい感じにi☆Risにハマってきた時期に推しメンであるずっちゃんの生誕祭イベントが行われるとなっては行くしかあるまい! ということで今日は、AKIBAカルチャーズ劇場へと初めて足を踏み入れました。

 

僕はチケットぴあの一般販売開始日の夜にチケットを購入したのですが(「i☆Risの2h」を聴いている最中でした)、前から5列目の席に座ることができました。スペースも割と広々としていたし、ゆったり座って観覧できる雰囲気だったので「こりゃいいわ」という感じでした。ギュウギュウ詰めのライブハウスが苦手な僕としてはとても観やすい環境といえます。

 

観客全員が会場に収まったのち、ロビーが開放され、物販の時間となりました。僕はとりあえず握手会に参加したかったので、CDを1枚購入しました。Tシャツも買おうか悩んだのですが、Tシャツを買うにはCDの物販とはまた別の列に並ばなければいけなかったのでとりあえず今回は諦めました。ずっちゃんカラーのi☆RisTシャツ、ちょっと欲しかったんですけどね。

 

ほどなくして開演。i☆Risのみんながステージに現れ、まずは「Make it!」を披露。ステージまでが近い近い。i☆Risのダンスは動きが大きくてキレも良いので大変見応えがありますよね。

 

ライブパートも良いのですが、トークパートも面白いのがi☆Risの魅力だと思います。i☆Risの2hやプリパラのニコ生などを観ていても感じていましたが、6人とも本当にトークが上手なんですよね。なんかずっと前にi☆Risの6人が何かの番組にゲストで出ていて(すごく記憶が曖昧)、「なんか1人全然喋んないのがいるな」(そしてそれは確かずっちゃんだった)と思ったのですが、少なくとも僕がここ3か月、ちゃんとi☆Risにハマって以降はi☆Risのトークは本当に面白いな~と感じています。

 

約1時間半(だったかな?)のライブとトークが終了した後は特典会の時間となりました。会場でCDを1枚買うごとに特典会参加券が1枚貰え、参加券1枚で握手会に1回参加でき、参加券2枚でチェキ会に1回参加できるというシステムでした。僕はイベント開始前にCDを1枚買って参加券を1枚入手していたので、握手会に参加しました。

 

てっきり握手会は好きなメンバー1人のところに行って、1人だけと握手するのかと思っていたのですが、スタッフさんの説明によると6人全員と10秒間ずつ握手できるらしい。やべえ、ずっちゃんに話し掛けることは考えてたけど、他の5人になんて話し掛けるか全然考えてなかったぞ……!

 

ということで、握手会待機列に並んでいる最中に話し掛ける内容を考え、無事i☆Risの6人みんなと楽しく握手できました。握手会の中で特に印象に残ったのは芹澤優ちゃんです。

僕「プリパラ毎週観てます。みれぃちゃん大好きですデュフフ」

優ちゃん「ほんと~!? ありがとうぷり~~♡」

満面の笑みで、しかも「ぷり~~♡」のところではグーにした左手を頬のあたりに添えながら首をかしげるという可愛いポーズまで付けて応対してくれた優ちゃん。アイドル力半端ないなと思いました。

あと、ずっちゃんは握手する順番が一番最後だったからなのか、話し掛ける内容を事前に考えていたからなのか、ずっちゃんが持つ独特の雰囲気のせいなのか、理由は分かりませんが、なんだかずっちゃんと握手しながら会話をしているうちに僕の精神が異様な落ち着きに包まれました。握手会って僕はいつも(「いつも」っていうほど握手会の経験は豊富じゃないけど)なんか妙に緊張するのですが……。不思議です。

 

最後に、ここ最近のずっちゃんのぐうかわ画像を貼っておこうと思います。