読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

まんがタイムきららフェスタ(昼の部)に行ってきました

運良く行くことができた「まんがタイムきららフェスタ」。今日は生憎の空模様でしたが、問題なんか何もないよ。TOKYO DOME CITY HALLは大盛り上がりでした。
 
このTOKYO DOME CITY HALL、個人的にはかなり好きな会場です。席はアリーナの他に、2階席、3階席、4階席とあるのですが、2~4階席からでも結構ステージが近いんですよね(4階席はまだ行ったことないけど)。今日は3階席からの観覧だったのですが、ステージ正面ど真ん中の席だったこともあり、かなりステージ上が見やすかったです。
 
13:40頃、予定より少し遅れて開演。

ステージ奥側には作品別の5つの扉が設けられており、大スクリーンの映像に合わせて、各作品ごとにキャストが登場しました。すべてのキャストが揃うと、なんと総勢21名。すごいです。こんなに登壇者が多いイベントを今までに観たことがあっただろうか。

 

 

 

◆自己紹介のコーナー

21名のキャストが揃ったところで、1人ずつ自己紹介が始まりました。自己紹介のトップバッターは 種田梨沙さん。

 

大スクリーンには、

 ゆゆ式 日向縁役

 きんいろモザイク 小路綾役

 ご注文はうさぎですか? リゼ役

 種 田 梨 沙
という表示。
 
種田さんは「まんがタイムきららフェスタ」参加作品(5作品)のうち、3作品に出演しているのです。
 
佐倉綾音「皆さん、まんがタイム種田フェスタにお越しいただきありがとうございます」
 
もう本当「まんがタイム種田フェスタ」と言っても過言ではないですね。声優グランプリ7月号のことを「洲崎西グランプリ」と呼称するよりは納得感があると思います(笑)
 
 
 
◆プレゼントのコーナー
約20分間に及ぶ自己紹介の後は、プレゼントのコーナー。キャストのみんながサインボールを投げたりバズーカで撃ったりしていたのですが、21人ものキャストが一斉に投げたり撃ったりしていたので本当にカオスでした。ちなみに、僕のほうには全然ボールが飛んできませんでした。まぁ、3階席ですしね。でも、バズーカはかなり威力が強くて、4階席まで勢い良くボールを噴射してむしろ勢い余ってアリーナ席まで跳ね返ってきていました。

 
 
 
ゆゆ式のコーナー
その後、ゆゆ式メンバー(種田梨沙茅野愛衣、潘めぐみ、清水茉菜)だけが壇上に残り、ゆゆ式の朗読劇が始まりました。
朗読劇の内容は、ゆずこと唯ちゃんが居ないある日、縁が1人で部活をやるべきかどうか悩んでいるところに、相川さん、岡ちー、ふみちゃんが現れ、4人で情報処理部の部室へ向かうことに――という感じ。種ちゃんが縁の声を出しているところを見たのは初めてだったので、それを生で見ることができたのは本当に嬉しかったです。生で見てもやっぱり何だか違和感がありますね。地声と全然違う声なのに安定した発声ができていて本当にすごい。た~ねちゃんはすごい♪ た~ねちゃんはすごい♪
ゆずこ役の大久保瑠美さんと唯役の津田美波さんは「ゆるゆり」のイベントで五反田ゆうぽうとホールにいるということで、朗読劇の合間にアドリブでそのネタをちょいちょい入れてきていたのが面白かったです。朗読劇が終わった後には、大久保瑠美さんと津田美波さんからのビデオメッセージもありました。
 
 
 
◆桜Trickのコーナー
次は桜Trickメンバー(戸田めぐみ、井口裕香、相坂優歌、五十嵐裕美)による朗読劇。しずくちゃんの部屋で海に行く計画を立てるお話でした。
 
 
 
◆コラボ4コマのコーナー
再びキャストが全員集合。先ほどまでゆゆ式Tシャツを着ていた種田さんですが、このコーナーからはきんモザの制服姿に変身。このコーナーでは、きんいろモザイクの小路綾役としての参加となりました。
 
このコーナーの司会は井口裕香。「きららチーム」「MAXチーム」「キャラットチーム」「フォワ―ドチーム」「ミラクチーム」という名前の付いた、ランダムっぽいメンバー構成の5チーム(各チーム4人)に別れ、作品の枠を超えた4コマを作るという内容。
 

こんな感じで、予め用意されたお題に合わせて、自分が演じるキャラが描かれているスケッチブックにセリフを各自書き、それをチームの4人で合わせて4コマにしていました。

 

優勝したのは沼倉愛美率いる「ミラクチーム」。

選んだお題は「イベントの必需品」。

(誰か忘れた)「イベントといえばサイリウム!」

(誰か忘れた)「やっぱりサイリウムだよねー」

沼倉「ルールを守るのも大事よね。みんなわかってると思うけど」

田中(真)「サイリウムもいいけどこけしもね! 持ちやすいよ!(キチクでも可)」

 

こけしネタが大いにウケ、ミラクチームが圧倒的勝利でした。優勝賞品はメロンバーム。

f:id:chio2216:20140622194201j:plain

これは美味しそうですね。

「私こけしなのに、私は貰えないの!?(ジタバタ」と西さんは不満気でした。

 

 

 

きんいろモザイクのコーナー

続いて、きんモザメンバー(種田梨沙西明日香田中真奈美)だけが残って朗読劇。夏休みのある日、休み前のテストで全教科10点台(計198点)を叩きだした忍のために、アリスと綾が図書館で勉強を教えることに。その日は夏休みの宿題の読書感想文をみんなでやることになったのだが――という感じの内容。

 

 

 

◆作品別対抗戦のコーナー

キャスト全員再集結。このコーナーの司会は徳井青空村川梨衣。まずは、チーム対抗でお絵かきバトル。各チームでまんがタイムきららゆるキャラ「きららちゃん」を考えよう、というお題。各チーム個性的なキャラクターが生み出されたのですが、優勝したのはこちら。

上田麗奈さんの素晴らしい画力が頭部に表れていますね。勝利の判定は観客の拍手で行われたのですが複数チームが同じくらいの拍手量。しかし、田中美海さんが描いたという喉の謎のイボがそらまるさん的にツボだったらしく、優勝はハナヤマタチームに決まりました。

 

作品別対抗戦はまだ続きます。次はジェスチャーゲーム。この手のイベントやニコ生などでよくあるアレです。このゲームでもハナヤマタチームは抜群のチームワークを発揮し、他を圧倒しての勝利。総合優勝はハナヤマタチームとなりました。このコーナでの優勝賞品は「テディベアケーキ」。なにこれ可愛い!

 

 

 

◆ハナヤマタのコーナー

ハナヤマタはまだアニメ化されていないということもあり、朗読劇は無し。代わりに、初公開となるPVを流したり、CDの発売情報やアニメの放送情報を告知したりという内容でした。

PVを観た感じでは、ハナヤマタ、大いに期待できそうです。あと、今後キャストがよさこいを踊る機会がある予定なのだとか。それも非常に楽しみですね。

 

 

 

ご注文はうさぎですか?のコーナー

ごちうさメンバーは総勢8名(徳井青空村川梨衣種田梨沙水瀬いのり佐倉綾音佐藤聡美内田真礼早見沙織)。大人数での朗読劇となりました。観客との掛け合いもあり、最も自由度が高い朗読劇だったように思います。

青山「お客さんたちは暗闇に弱いようですね」

リゼ「みんな非常灯を持ってるもんな!」

そして、この後、非常灯を使う機会がありますよー、とのこと。ふぇぇ……非常灯持ってくるの忘れたよぉ……。

朗読劇が終わったあとは、Petit Rabbit'sの5人だけが残り「Daydream cafe」、そして次にチマメ隊の「ぽっぴんジャンプ」。というわけで、ごちうさだけはライブパートがありました。

 

 

 

◆最後の挨拶

最後にまた全員が集結。しかし、時間がかなり押している(時計を確認したらもう4時半!)ということで各作品から代表者1名が出て挨拶をすることに。かなり早口の挨拶やら告知やらでしたが、ここで西さんの口から、5/4に行われたRhodanthe*ライブのBD/DVDが秋に発売されることが発表されました。

 

イベントはたっぷり3時間だったのですが、本当にあっという間でした。こんなにたくさんの声優さんたちが一堂に会するイベントは珍しいと思いますし、好きな声優さんたちをたくさん見ることができて、トークや朗読劇も聴けて、本当に楽しかったです。

 

 

 

◆おまけ(番組公式ツイートをいくつか)

三つ編み西ちゃん可愛かったです。そしてまなみんも安定の可愛さ(^ω^)

 

ハナヤマタメンバーは、制服の上に法被。そして鳴子を持っての登場でした。

 

ゆゆ式メンバーは、今日のために作られたというTシャツを着ていました。今後このTシャツが販売される可能性があるとのこと。

 

ハナヤマタの放送本当に楽しみです!

 

 

 

◆追記

 会場で流れたハナヤマタのPV。