読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

「たまこラブストーリー」観てきました。 (+小ネタ)

f:id:chio2216:20140427183737j:plain

 

今日は、新宿ピカデリーで「たまこラブストーリー」を観てきました。特に前評判は気にせず観に行ってみたのですが、とても面白い内容でした。TVアニメ版と同じ雰囲気をしっかり残しつつも、違ったテイストを絶妙な匙加減で加えているという感じでしょうか。その「違ったテイスト」というのが作品のタイトルにもなっている「ラブストーリー」要素で、ある出来事がきっかけでたまこはもち蔵のことを恋愛対象として強く意識するようになるのですが、そんなたまこが可愛くて可笑しくて愛おしいんです。なんかGW後半あたりにもう1回映画館に行って観てもいいかな、なんて思っています。

 

そういえば、何気ないシーンで印象に残っているところが1つあります。もち蔵が学校のトイレの前でうずくまっているシーンなのですが、そこに現れたたまこがもち蔵に対して「あぁ~、間に合わなかったか~」みたいなことを言っていたんですよね。トイレに間に合わなかったのはお前の中の人だろ! いい加減にしろ! あのセリフは台本通りなのかあやっぺのアドリブなのか気になるところです(普通に台本通りのような気はするけど)。

 

あと、オープニングテーマ、エンディングテーマ、主題歌が凄く良かったです。オープニングテーマは豆大(たまこの父)が高校時代にひなこ(たまこの母)へ贈った歌「KOI NO UTA」、エンディングテーマはそれのたまこが歌っているバージョン(「こいのうた」)、そして主題歌はシュリンプ……ではなく「プリンシプル」という曲でこれは「洲崎綾」名義の曲です。

 

「プリンシプル」と「こいのうた」は既にMP3がアマゾンで販売されていたので昨日購入しました。 

 

あやっぺの歌声はすごく素敵なんですよね。「ヴィーナスシンドローム」とかも凄く好きです。

 

(関連)

「たまこラブストーリー」が、傑作だと確信できたのはなぜか - たまごまごごはん

 

(関連)

ぱるにゃすさん演じるバトン部の後輩も出ていました。