読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

一人ボウリング

一人カラオケヒトカラ)は愛好者も多く、「ヒトカラ」という単語も非常に認知率の高いものとなっている。かくいう私もヒトカラ歴7年を超えるヒトカラーである。しかし、一人ボウリングとなると、あまりそういうことをしている人の話は聞かない。ヒトカラのような略称もない。ヒトボ? なんかピンと来ない。



_人人人人人人人人人人人人人_ 
 だが俺はボウリングが好きだ。
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


ヒトカラも好きなのだが、一人ボウリングも好きなのである。今住んでいるところからは割と行きやすいところに良いボウリング場があるので、毎週とは言わないまでも比較的足繁くボウリング場に通っている。

2012年度からはexcelでボウリングのスコア管理もするようになり、2013年度は更なるバージョンアップを果たし、なかなか見やすいものとなった。

 

f:id:chio2216:20131112211854p:plain



スコアが記入されているセルのうち、赤い色が付いているものは、200以上のスコアであることを示している。意外だったのは、5、6、7、8ゲーム目で一度も200以上のスコアが出ていないことだ(9ゲーム目に216を出したことは一度だけあるけど)。

7、8ゲーム目までプレイすることは少ないので、まぁそこで200以上を出していないのは分かるけれども、5、6ゲーム目で200以上がないのは本当に意外だった。ただし、5ゲーム目のアベレージは156.4、6ゲーム目のアベレージは155.6。全ゲームのアベレージが156.6であることから考えるとそれほど低い値ではない。つまり、5、6ゲーム目は極端に高いスコアも低いスコアも出ていないということが推察される。標準偏差でも出せば一発で分かるだろう。

標準偏差なんてすぐに出せるので今excelで出してみたのだが、案の定5、6ゲーム目の標準偏差は小さかった。最も標準偏差が大きかった3ゲーム目(30.68)に対して5ゲーム目は18.57、6ゲーム目は20.41。ここまで違うものなのか。すごい。

このような結果になっている要因としては、
・ゲーム数を重ねるうちに球威が落ちる。
・ゲーム数を重ねるうちに制球力が上がる。
という2つの現象によるものだと考えられる。つまり、5ゲーム目あたりからは、ストライクが少なくスペアが多いボウリングになっているということだろう(ゲーム単位でストライクとスペアを何個ずつ取っているかまでは記録していないので、裏を取れないのが残念である)。

こんな感じで、データが蓄積してくると分かってくることがあって面白い。ボウリングとは関係ないけど、家計簿を付けて眺めるのも結構面白い(気がついたら家計簿も付け始めてから7年半以上になった)。昔から数学は圧倒的苦手科目だったのだが、数字を眺めるのは何故か好きだ。そういえば、5~6歳の頃は毎日体重を計ってノートに記録していたっけ。その行為にどんな意味があったのかは忘れたし、何をキッカケに始めて何をキッカケにやめたのかも忘れたけれど。