読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

「ゆるゆり♪♪」第11話

非モテSNS

非常に面白かったです。最高でした。感動して泣きました。第11話は「シリアス回」に分類されるような話だったと思います。まぁ、シリアス一辺倒というわけではなかったですが。


1期の第11話もシリアスなシーンがありましたよね。階段から転げ落ち頭を打った京子がクソ真面目な性格になってしまい、実態のない活動をしているごらく部を廃部にしようとする。その京子に対し、結衣が泣きながら「そんなの嫌だ」と訴える、というあの名場面です。しかし、最後にちゃんとあかりでオチを付けてくるあたり、「やっぱ『ゆるゆり』だなぁ」と安心した記憶があります。

2期の第11話も1期と同様シリアスっぽくなっているのですが、1期との違いは「劇場版」風に仕上げているというところでしょうか。まぁ、これも「京子が映画を見て、それに触発されて書いた作り話だった」というオチが付いているのですが、「存在感がない」ことに対するあかりの苦悩、そして皆のあかりへの愛が約20分の尺の中で濃密に描かれており、ゆるゆりファンの心を動かす話だったのではないかと思います。

1期の放送開始から1年と2か月余り、ゆるゆりのキャラクターちと共に歩んできた――というと大袈裟な表現かもしれませんが、ゆるゆりのキャラクター達に強い親しみを感じている今、あんなストーリーを見せられたら感動せずにはいられないですよ……本当に。

さて、「ゆるゆり♪♪」の放送も、17日深夜に放送される最終話を残すのみとなりました。最終話はリアルタイムで見ようと思います。18日に有給休暇を取るべく申請もしておきました。準備は万全です。

……いやまぁ、実際のところは、「ゆるゆり♪♪」最終話に集中することだけを理由に、18日に有給を取ったわけじゃないんですけどね。一応、別の理由があるんです。あと、18日には外出するついでに秋葉原のグッ鉄カフェにて開催されている「ごらく部かふぇ」に行ってこようと思っています。


(関連)


奥華子さんの曲と相俟って良い雰囲気に仕上がっていますね。


(関連)漫画家・今井哲也先生によるゆるゆり♪♪11話に関する考察
http://togetter.com/li/371548


※※※


・今日はTARI TARI動画

こういうノリ好き。


 

綺麗なMAD動画ですね(^ω^)