読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

私チオは「アイドライジング」のアニメ化に大きな期待を寄せています。

非モテSNS

 

以前にも日記に書いた「アイドライジング」。電撃文庫から現在第3巻まで出版されている作品なのですが、これが凄く面白いんです。でもあんまり売れているという話を聞かないんですよね。実際の売上の数字がどうなっているのかは分からないんですけど。



アイドライジング!』たくさんの会社からメディアミックスのオファー
http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20111101/1320143752

しかしながら、本当なのかどうかは判断がつきませんが、どうやら「アイドライジング」にメディアミックスの話がきているという噂もあるらしい……。もし本当だとしたら、それは俺にとって非常に嬉しい報せです。

「アイドライジング」の魅力は何か、って言われると、まぁいろいろあるような気はするのですが、まず挙げられる点として「ソフトな百合」なんじゃないかな、と思います。やっぱりねー、可愛い女の子同士が仲良くしているのって凄くいいと思うんですよ。「けいおん」だったり「ゆるゆり」だったり「たまゆら」だったり、今は、しっかりと濾過処理を行ってキラキラと輝くような透明度に仕上げた美少女たちの友情を我々の目の前に提示してくれるようなアニメが熱いと思うんです(力説)。……って、これは完全に俺の趣味ですね、すみません。

そういった俺の趣味を差っ引いても、「アイドライジング」は、バトルシーンが適度に挟まれていることや、美少女たちがバトルを行う際に「バトルドレス」へ着替えるという設定があることなどから、かなりアニメ映えするんじゃないかなーと思うんですよね。また、主人公を含め高校生のキャラクターが多く、学園祭やプール等のシーンも原作で描かれていますし、ホントもうこれアニメにしない理由がないですって。アニメにしたら相乗効果で原作も売れますってー。

あと、一番大事なことを書き忘れていたんですけど、この「アイドライジング」という作品は、作者の力量もかなりあるんじゃないかな、と俺は思っています。ストーリーの作り方、見せ方が上手なんですよね。作者曰く、第3巻を書いている最中は、「スランプってやつを経験し、書いてる時は生きている心地がしなかった」とのことですが、第3巻はかなり盛りだくさんな仕上がりになっており、読んだ後の満足感はかなり高かったです。内容をもっと削ってしまえばラクに書き上げることもできたでしょうに、決して妥協せずしっかり濃密な一冊を完成させた作者さんは非常に素晴らしいと思います。

そんなわけで、俺はこれからも「アイドライジング」を陰ながら応援していきたいと思います。ちなみに、お気に入りのキャラクターはやっぱりモモちゃんですかね(^ω^)



この表紙の子がモモちゃんです。


※※※


1.ゆるゆり公式ファンブックの表紙キタ━(゜∀゜)━!



ゆるゆり公式ファンブック」の表紙および詳細が明らかとなりました。
http://www.ichijinsha.co.jp/special/yuruyuri/

11/28が待ち遠しいです(^ω^)


(関連)ゆるゆり】なもり先生が描くピースあかりん かわいい以外の感想がでないくらいかわいい
http://himarin.net/archives/5260262.html

やはり、なもり先生の描くイラストは素晴らしいですね(^ω^)


(関連)ごらく部・2
http://ameblo.jp/strawberry-ayana/entry-11066385407.html

たsでぃあdfjkwくぁふぉ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァハァハァ
(「竹達さんと津田さんの組み合わせとか最高すぎる」と喋っている模様)