読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チオの日記

1人で静かに暮らしています。

北海道ねんどろオフ(2日目)

非モテSNS

9/20(旅行2日目)

目が覚めて、時計を見ると時刻は5:30。ホテルの部屋の窓から綺麗な朝日を見ることができました。隣のベッドでまだ寝息を立てているのりまきさんに目をやると、なぜか上半身が裸。後で話を聞いたところによると、旅行先では寝ている間になぜか服を脱ぐことが多いらしい。謎現象である。

少し経つとのりまきさんも起きたので、朝風呂を浴び、昨晩セイコーマートで買った北海道限定のカップ麺「どん兵衛 親子そば」と「札幌スパイシースープカレーワンタン」を部屋で食べ、さらに「レモンカツゲン」を飲みました。「レモンカツゲン」は、「ソフトカツゲン」よりも飲みやすい感じになっていました。レモンの香りのおかげで、酸っぱさが自然なもののように感じられるんですよね。まぁでも俺は「ソフトカツゲン」のあのエグい酸っぱさのほうが好きですw



ドーミーイン稚内~宗谷岬(運転手:のりまき)

8:15頃にホテルを出発。日本最北端の地である宗谷岬を目指しました。

8:45頃、宗谷岬に到着。海から吹く爽やかな朝の風がとても気持ち良いな、というのが最初に抱いた印象でした。ここでは、「日本最北端の地」と書かれたモニュメントの前で記念撮影をしたり、お土産を買ったり、ねんどろいどを出していろいろ撮影をしてみたりしました。あと、「稚内牛乳」という牛乳を飲んだんですが、これがめちゃくちゃ美味しかったです。



宗谷岬~クッチャロ湖(運転手:のりまき)

宗谷岬からは、オホーツクラインをひたすら南下。途中にあるクッチャロ湖で休憩を兼ねたねんどろ撮影会を敢行しました。ここの景色もまた素晴らしかったです。湖の水面に映る逆さの空が綺麗すぎて感動しました。



クッチャロ湖~道の駅おうむ(運転手:チオ)

退屈。眠い。
この辺りの道路は基本的に真っ直ぐだし、北海道の景色も既に見慣れてしまったしで、欠伸を噛み殺しながらの運転になっていました。速度は70km/hの安全運転。みんな速いので、70km/hで走行しているとビュンビュン抜かされます。



道の駅おうむ~道の駅おこっぺ(運転手:のりまき)

よみちさんとの待ち合わせ場所である道の駅おこっぺへ。途中でソフトクリームを食べたりしつつ、mohickan・よみち夫妻の家を訪ねました。まぁこの家は凄いです。何が凄いかって、リビングの隣室の壁一面がねんどろいどをはじめとするフィギュアで埋め尽くされているんです。mohickan・よみち夫妻は非モテSNSねんどろいどコミュで知り合って結婚に至った異色の夫婦。「ねんどろいど好き同士が結婚するとこうなるのか……」などと思いつつ、……やばい眠い。眠すぎる。「よいとまけ」とコーヒーを頂いて、ファイアボールのDVDを見つつ、あまりの眠気にウトウトしてしまいました。そしたらよみちさんが「2階に布団2つ敷いてあるから寝ていいよ」と言ってくださったので、のりまきさんと2人で仮眠を取ることに。人の家に上がりこんですぐに寝るっていうのも酷い話ですねw

2時間ほどガッツリ寝ると、ちょうど仕事を終えた家主もひさんが帰宅。もひさんの実家から送られてきたという高級豚肉を使ったしゃぶしゃぶを頂きました。これが本当に美味しいの。1.5kgあったお肉が綺麗に4人の胃の中へと収まりました。

18時前から21時頃まで食べて飲んで(飲んだのは爽健美茶)お喋りをして楽しんだのですが、この日はまだ旭川のホテルまで移動するという仕事が残っています。最後にフィギュア棚の前で4人並んで記念撮影をし、mohickan・よみち夫妻の家を去ることにしました。

mohickan「道路にシカ出るから気をつけてな」

なんかもひさん今凄いことサラっと言ったよね!? まぁ、当たり前だけど、シカ轢くと車が壊れるらしいです。もひさんが以前にシカを轢いたときは車のヘッドライトが片方逝ったらしい。

なんだか怖くなる話を聞きつつも、西興部村を出発し、旭川を目指すことに。もひさんとよみちさんにはお世話になりすぎていくら感謝してもし足りないくらいです。非モテSNSをやっていなかったら西興部村に来ることなんて一生無かっただろうし、本当に良い時間を過ごさせてもらいました。「良い時間を過ごした」とか言いながら、そのうち2時間は布団の中に居たのですけどねw



西興部村~旭川パークホテル(運転手:のりまき)

西興部から名寄までは真っ暗な一本道。北海道旅行中の3日間で最もスリリングな運転だったかもしれません(俺は助手席に座ってただけだけど)。道路近辺に姿を見せるキタキツネの数がもう1匹や2匹っていうレベルじゃない。北海道どんだけキツネいるんだよ! っていうくらいキツネがわんさか。しかも1回キツネを轢きかけました。道路左側からピャッとキツネが出てきたかと思ったら、車の下を通って右側の方へとキツネが走り去って行きました。そんなアクロバティックな道路の渡り方やめてくれよ……。心臓に悪すぎる。そんなこんなで名寄まで辿り着き、シカ危険ゾーンは無事に抜けることができました。シカ轢かなくて良かったです。キツネも轢かなくて良かった。

名寄から旭川までは、基本的には1日目に通った道を逆に走るだけだったので特に問題なし。ホテルに着いて、風呂に入って、あとは寝るだけでした。こんな感じで2日目は終了。2:30過ぎに就寝。